2017
05.26

渦潮

Category: 日常
img477 (640x465)


渦潮


徳島、高知と四国を旅してきました。
渦潮を舟の上から真下に見物できました。自然現象は感動的でした。
そんなには期待していませんでしたが、大潮の時に海水が瀬戸内海に流れ込む凄い迫力に圧倒されました。

身体に記憶されました

道後温泉の坊ちゃん湯や、松山城の勇姿、そして何よりも驚いたのは金毘羅山途上に明治初期の写実画家高橋由一の常設館があり、30点近い油絵が展示されていた事でした。
かの有名な鮭の精密描写、(東京芸大収蔵、重要文化財)今から140年ぐらい前の油絵画家の収蔵展示には来て観て、本当に良かったと思いました。


帰路、高知空港からの座席、2列後ろに秋篠宮さまが同乗されており、羽田空港着陸の際にはお付の方が私の重い荷物を棚から降ろしてくださいました。通路で私どもを追い越しながら軽く会釈してくださる気品に満ちた姿はさすがでしたね
サプライズ付の楽しい素晴らしい旅でした。
.

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
05.19

薔薇盛り

Category: 絵画
img476 (640x465)

 薔薇盛り

5月中旬我が庭は春薔薇の盛りです。


門を入ると軽い音楽が流れて、薔薇たちが乱舞しているようです。
真紅・ピンクの濃淡・純白の形の違う花びらが風に揺れて美しい。
朝早くには花びらに露が降りて、キラキラと輝いて見えます。


心がとても癒されて、平安な気持ちになります。


やはり薔薇は花の王様ですね。


国展作品は・愛知、大阪を巡回しています。
今年も沢山の方々に観て頂き、感謝の連続でした。

暫くは休息して、また来年の作品に取り掛かりたいと思っていますので、宜しくお願い致します。


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
05.10

国展開催中

Category: 日常
img474 (465x640)

  国展 開催中

上は展示風景
下は5月8日 弟と

2017年第91回国画会展は、新国立新美術館で開催中です。
「天国と地獄」の作品は5室に展示してあり、多くの方々に観ていただき、とても感謝しています。
絵画・版画・彫刻・工芸・写真と五部門の一般入選作品から会友、準会員・会員と力作が展示されていて、私もまだ全ての作品を
観ておりません。
13日(土)にもう一回ゆっくりと観てきます。
まだ少し疲れが残っていますが、次の作品の希望も湧いてきていますので、とても感謝しています。


5月21日(日)に教会のシニアの集会で最初の聖書取材画を国展に発表してから(32年前)現在までの主な作品を映して解説をすることになっています。
その準備をしています。

●写真の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
04.21

チャリティ-展

Category: 日常
img473 (640x465)

     窓辺
 
第91回国展 チャリティー展に出す色紙大の小品です。
  毎年色紙に水彩絵具で描いたのを出していましたが、今回は色紙にキャンバスを留めて, 油絵の具で描きました。
水彩とは違った奥深いマチェールが表現できて面白かった。
 透明感を出すためにゼリー状のメディムを絵具と同等に混合して試みました。 

    窓辺と題して、室内と出窓と室外を平面に並べて構成しました。
    このテーマは随分以前から楽しく描いてきましたので、
    今後大作の傍らに10号以内の小品で楽しんで描いてゆきたいと思います。
 
 


 来週25日(火)から国展の審査が始まります。
 上野の都の美術館から六本木の国立新美術館に移動してからは11年経ちます。通う交通もずっと近くなり、ラッシュアワーから も解放され、美術館の審査室などの設備も良くなり、随分と楽になりましたが、寄る年波で、圧倒的な作品群に出合うと、驚嘆仰天します。

 
先日市の健康診断の結果の報告を受けましたが、全て異常なしの健康体との事でした。 あと は精神的な問題ですから、
   常に自然体で初日まで過ごしたいと思っています。 



●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。


 
Comment:0  Trackback:0
2017
04.14

チューリップとイースターエッグ

Category: 日常
img471 (465x640)

チューリップとイースターエッグ

きょうは受難週の金曜日です。明後日の日曜日が復活祭(イースター)です。
教会では記念の礼拝が行われます。

我が庭にさまざまなチューリップが咲いています。単純な形と色彩ですが、黄色の透明な色彩が陽に輝いてとても美しいです。風に揺られてとても可愛らしいです。ゆらゆらと歌っています。

イースターを待ち望んで、イースターエッグと組み合わせをしてみました

きょうは初夏のような陽気です。朝夕の温度と日中の温度の差がとても激しい時です。
温かいと気持ちが楽になります。


91回国展作品〖天国と地獄〗は昨夕搬入業者によってアトリエから運ばれて行きました。
ほっとした気持ちと何となく寂しい気持ちが交差しています。多くの方々に観て頂きたいと切に祈っています。

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
04.07

お花見と美術館

Category: 日常
img469 (640x465)

 お花見と美術館

砧公園にお花見に行きました。ソメイヨシノの大木が満開でした。見事でした。感嘆しました。

黄色いレンギョウとの対比も見事で、春爛漫を堪能しまた。

4月は素晴らしいですね!日本の風景は素晴らしいですね!


世田谷区の砧公園の中には世田谷美術館があります。今回の企画展示は、花森安治でした。
朝ドラの〖とと姉ちゃん〗のモデルになった暮らしの手帖の編集長です。
雑誌〖暮らしの手帖〗の表紙絵の原画を中心に、.カット、ポスター、コピーのレタリング・エッセー等など独特な表現力に驚きました。


昭和の時代にマッチした暖かい色彩と線描がとても豊かで美しい。いわゆる商業美術を芸術に創り上げています。

お花見と美術館と楽しい一日でした。


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
04.01

91回国展作品「天国と地獄」 完成

Category: 日常
91回国展作品 完成

第91回国展作品「天国と地獄」 完成
サイズ 縦225・4cm×横349・2cm

本日完成しました。約10ケ月かかりました

我が家からの搬出は4月13日(木)で、会の搬入日は4月23日(日)となります。
厚目に絵具を重ねたので、乾燥まで時間がかかりますので、額つけ等にも時間がかかりますので、本日完成にこぎつけられて、良かったと思います。

新約聖書ヨハネの黙示録からの取材です

上部に天国図、下部に地獄図と言う分かり易い構図にして、色彩も明るさと暗さの対比にしました。

美術館での壁面照明とアトリエでの照明では色彩が違うようにいつも感じているので、その事を考慮していますが、展示してみないと分かりません。

91回国展の会期は2017年5月3日~5月15日です。会場は六本木の国立新美術館です。5月9日は休館日となります。
その後名古屋・大阪へ巡回致します。

準会員・会友・一般の審査は4月25日から28日まで行われます。

今年も桜咲く美しい風景の季節になりましたが、きょうは冬のような寒い一日になりました。
国展の時期は若葉の美しい爽やかな気候で、もう半世紀以上のお付き合いです。

今年もこの時期を頑張って楽しく過ごしたいと思っています


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックしてして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
03.24

エラチオールベコニアストロベリー

Category: 日常
エラチオールドストリベリーフィールズ

 エラチオールベコニア ストロベリーフィールド

居間の出窓の中心に少し前に置かれた長い名前の花です。
花びらとても美しく重厚です。

苺の赤さからストロベリーの名の由来かも。この赤さで部屋全体が明るく引きしまり、そして華やかになりました。


出窓の主役の位置に適しています。暫く前はシクラメンでしたが。主役交代です。
ベコニアの一種ですが、花持ちは2ケ月ぐらいとの事です。
私はこの花を見るのも、描いたのも初めてです。


制作中の「天国と地獄」の絵画は少し厚目に絵具を重ねたので、どうしても4月1日(土)には仕上げなければなりません。
そして、搬入業者さんと連絡をとって、我が家からの搬出日を決めないといけません。

新横綱稀勢の里は、12連勝と好調でしたが、日馬富士に寄り倒されて左腕を負傷してしまった。残念です。

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
03.17

乙女の像

Category: 日常
img464 (640x465)

 箱根彫刻の森美術館

13日に箱根の彫刻の森美術館に久しぶりに行き、まだまだ肌寒い日でしたが、ピカソ館など素晴らし作品に触れてきました。
また箱根湯本で一泊して、温泉三昧の時も過ごしました。


この絵は高村光太郎の「乙女の像」で十和田湖畔にあるものと同じものです。
早春の寒い風の中と見事に調和して、光太郎最後の大作が輝いていました。顔は妻、智恵子に模して作られたとか。

制作中の「天国と地獄」の作品はとても制作時間がかかっています。会員歴46年目の作品ですが,
今までで一番制作時間がかかっています。まだまだこれから集中して行かないと搬入に間に合わないと思っていますが・・・、
あとひと踏ん張りで、山を越します。


5時半を過ぎると大相撲の中継が気になり始めます.
新横綱稀勢の里の土俵です。
白鵬は休場しましたが、稀勢の里は堂々の5連勝で横綱の貫録十分です。


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックしてして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
03.10

多肉植物

Category: 日常
img462 (465x640)

 多肉植物

妻がホームセンターで仕入れた、金属製の鉢飾りに、小さな多肉植物をアレンジしました。
多肉植物とは、葉,茎、根の内部に水を貯蔵している植物の総称の事と言われています。
私はサボテンのようなものと思い込んでいます。


多肉植物がだんだんと我が家に増えてきました。ほんとうに可愛らしい雰囲気を醸し出しています
門からの入った所のパーゴラにパンジーに並べて飾ったらとても面白いです。

朝晩はまだ冷え込みますが、確実に春が訪れてきています
庭の花壇では、チュウリップも大きくなって、クリスマスローズが満開です。

大相撲春場所は12日が初日で、新横綱稀勢の里は初日豪風です。沢山の行事に埋没されていかに戦うかが課題になります。
堂々と頑張ってほしいです。
野球のワールドベースボールクラシックはキューバ・オーストライアと2勝してきょう中国戦です。

スポーツを見るのは楽しいですが、韓国の大統領が罷免され、即座に失職、60日以内に大統領選挙というたニュースが入りました、日本にも大きな影響があると思われます



●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top