2017
09.02

創生 下絵

Category: 日常
img512 (640x465)

 第92回国展作品 「創生」3点組の下絵を決めました。

左側は「ノアの箱舟」中央は「アダムとイブ」右側は「カインとアべル」です。
  
 縦160㎝×横340㎝の大きさになります。

新約聖書創世記より天地創造の由来をバックにして、登場人物の動きを配置している。
 
以前に何度もこのモチーフは試みていますが。 今回は色彩を明るくし、抽象的な図を用いて新しい自分の絵画を構成して行きたい。 これは原寸の10分の1の大きさにしているので、 原寸のキャンバスに写すと形体が変わると 思います。

 今回の作品では金・赤・緑・青・白・黒がお互いに響き合い、声を掛け合いながら , 創生の喜びを伝えていく感じにi表現したい。  
 


急に涼しくなり心地よい秋の風情になりましたが、このまま秋には入らず、
まだまだ残暑の気候が戻ると思いますが、一息入れながら次の予定に入ろう!

 

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、 このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。  

Comment:3  Trackback:0
2017
08.26

松島湾

Category: 日常
img510 (640x465)
 

「松島やああ松島や松島や」
は芭蕉の句ではなくて、江戸末期の狂歌師・田原坊が読んだ句だと分かりました。
長い間松尾芭蕉の句だと思い込んでいました。

たしか中学生の頃に松島に行き、、船着き場で”2、3の島を見て、芭蕉は何故?言葉が出ない程感動したのか?全く理解できませんでした。
今回遊覧船に乗り260余りの島々を巡り、天橋立、宮島と日本三景の一つであることが良く分かりました。、感動的な素晴らしい風景でした。

体調は今一つでしたが、
仙台に遊びました。仙台は美しい街でした。
小雨に濡れた大木の緑が深く、落ち着いた綺麗な街並みでした。

レンタカーで秋保大滝まで足を延ばして、大量の水が落下する雄大な景色も楽しめました。

今は新幹線が東北や北海道まで伸びて一眠りすれば、らくらくと最寄り駅に着き、後はレンタカーで周れますから年寄りには
東京の個展周りよりずっとずっと楽です。




梅雨のような日々から突然真夏の猛暑になり、体調管理が大変です。来年発表の「創生」の構図創りを何べんも描きなおしています。新しい造形になりますように




●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。

Comment:0  Trackback:0
2017
08.17

海を想う

Category: 日常
img508 (640x465)

 海を想う

 夏は海です!山です!
 が、今年は長雨です。連続17日の長雨は40年ぶりだそうです。
 
 きょうはほんの少しだけ陽が射しましたが、すぐに霧雨もようになりました。
 
 うだるような暑さ。焦げてしまうような熱波はたまりませんが、この梅雨時のようなうっと
 うしい日々も困ります。
 
 
熱海で仕入れた貝殻を並べて真夏の海を想いました。
 
 
 

 実物2分の1の大きさで来年の国展作品の下描きを始めています。
 
 旧約聖書創世記から天地創造の場面を背景にして、〖 アダムとイブ〗〖カインとアベル〗〖ノアと箱舟〗   
 人物を入れた構図を試しています。

                   
 天地創造の場面をどのように造形化するか、色と形で平面の中にどのように定着させるか試
 行錯誤しています。新しい形態を線を使って試みています。
 

 今月末に実物のキャンバスが入荷するので 2分の1の大きさの画用紙で
 色々と試しています。




 ●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。

Comment:0  Trackback:0
2017
08.11

〖天国と地獄〗の展示風景

Category: 日常
img507 (465x640)

〖天国と地獄〗の展示風景

日本同盟基督教団 西大寺キリスト教会グローリア礼拝堂
設置された写真が本日送られてきました。

後ろ面中央右側に展示収蔵されました。最近建立された大会堂です。私の大作が国立新美術館に展示された時よりも小さくみえます。


驚きました。そして感動しました。そして感謝致しました

会堂の側面も天井も床も木製の温かみに覆われています。日本のプロテスタント教会 では珍しい大規模の礼拝堂です。

主任牧師赤江弘之先生からもお便りお受けして感動しております。
私は80歳を迎えて、このように用いられて、これからの制作に勇気と希望が与えられました。




きょうは山の日。最近では珍しく、とても涼しい日です。身体がとても楽です。アトリエの冷房は入れていません。

⦿絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックしてして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
08.04

傘寿の自画像

Category: 日常
img504 (465x640) (2)

 傘寿の自画

1937年8月1日生まれだから満80歳を迎えました。
実際より少しだけ 若めの自画像です。
傘寿(さんじゅ)と言うらしい。八十の漢数字が傘に似ているかららしいです。


「90歳何がめでたい」と言う本を出したのは佐藤愛子さんですが、
80歳も何がめでたいか分かりませんよ

80年も健康で生きて来られて、毎年国展に大作を発表でき、その後大きな施設に展示収蔵される画家としての恵みが与えられている事が幸せと感じていますが。

80歳の誕生日直前に夏風邪に襲われて酷い目に会いまいしたら、何となく臆病な気持ちになってしまいました。
これって老化現象の最大の現れかもしれません

疲れがなかなか取れずにいつも疲労感満杯現象でした。
でもこのところの涼風に少しずつ体調が回復して以前の前向き思考が戻ってきました。

きょうはお世話になっています千葉の牧師様から電話を頂き、たくさん励まされました。とても感謝でした

頑張ります!!


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい

Comment:3  Trackback:0
back-to-top