2018
06.29

フクシヤ

Category: 日常
img602 (465x640)

   フクシア
別名ツリウキソウ

垂れ下がった枝の先に細長い花びらをつけている。何とも可愛らしい感じの花です。

20年ぐらい前に数本の苗を庭に植えましたが、夏の高温多湿を極度に嫌う植物で、日本の風土にはあまり適していないようで、今はこの樹のみになっています。
毎年あまり目立たないですが、提灯行列か昆虫類を想像してしまう。愛嬌があり声をかけたくなる花です。
別名のツリウキソウ(吊り浮き草)が良く似合う。




梅雨の季節ですが、雨が降る気配がないです。
夏日が続き、夜は寝苦しい感じが続いています。
この辺では空梅雨かも。猛暑の夏が、酷暑の夏日がもう始まったようです。



サッカー(フットボール)ロシア杯で昨夜日本はポーランドに負けても決勝トーナメントに進出したが、後味の悪い感じがします。
セネガルとグループ2位争いで、警告札2枚の差で2位になる為に最後はほとんどボールを回して時間稼ぎでした。
ならば、次の試合でベルギーに勝たねばセネガルに対して失礼です。




●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2018
06.22

サマーインパチェンス

Category: 日常
img599 (465x640)


サマーインパチェンス
ニューギニアインパチェンスと同じ種類と思う。
普通のインパチェンスより強く夏から秋まで咲く。茎が太くて丈夫で台風にも強い。大輪の色華やかな花が特徴。

家の白い壁面に自分でデザインした鉢を備え付けて、この花を植えた。
色も形もぴったり合って、ゆったりとしながらも、鮮やかな赤色が冴えています。

鉢やプランターに模様を描いて独特なものにして楽しむと喜びが倍増します。



きょうは梅雨の中休みか?晴れて暑い。
この辺の一昨年の梅雨明けは7月29日で、昨年は7月6日のようでした。

今年の梅雨明け予報は7月15日頃から25日頃らしい。
梅雨が明けると猛暑に襲われるからどちらにしても過ごしにくい日々になります。


庭の植物たちは凄い勢いで枝葉が伸びています。
雑草も逞しく、少し間を置くとはびこって、草取りが大変になります。




次の作品のイメージトレーニングをしています。最初に形、特に動きののある線によって具体的な形を決めている。
それを実際に紙に写すと、随分イメージと違ったものになるが、それもまた、面白い形に見えてきます。
この仕事は積み重ねによって出来上がりに結びつくので、そのような様々な試みを繰り返して行きたい。



●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい

Comment:0  Trackback:0
2018
06.15

梅雨時の百合の花

Category: 日常
img597 (465x640)

梅雨時の百合の花

きょうは梅雨らしい雨が降り注いでいます。庭の一隅の白い百合が雨に濡れています。
今時の主役は紫陽花ですが、百合も元気に咲き始めています。雨足が強いと花びらが垂れてしまい可哀そうな気になります。
初夏の庭は緑色の枝葉をバックに、様々な色彩の花びらがとても美しい、特に純白の花が冴えて見えます。


梅雨時は鬱陶しい気分に陥りますが、傘をさして見る庭は心が静かに踊るようになります。

毎年この時期は作品の発表が一段落ついて、次の制作へのつなぎの時期で、新しい構想を決める大切な季節でもあります。

メモ的に浮かぶ形や色彩を線描で実際に描いて行かなければと思います。
その事が次の制作の大きな要因になると思いますので。



引き続きアトリエや物置の不要なものを片づけています。思い出が強い物はなかなか破棄できないでいますが、それが重なるとまた不要物の山になるので、これも気合一発でゆかないと・・・


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2018
06.08

白い紫陽花と赤い花瓶

Category: 日常
img595 (465x640)


白い紫陽花と赤い花瓶

この地も梅雨入りしましたが、きのう、きょうと晴れてとても暑いです。

梅雨にいちばん似合う花はやはり紫陽花です。


この白い紫陽花はずいぶん以前に町田の牧師宅から一枝いただいて来て庭に植えたものです。
今はとても大きくなって、この時期には門を入っていちばん目立つ場所を占拠しています。

妻が毎朝白い紫陽花を花瓶にさして、玄関や出窓や居間を飾ります。
花瓶にさすと、庭の時とは違う感じになり、透き通った清楚な美しい白色になります。

赤いガラスの花瓶にさすと、赤い色と白い色が共に響きあって輝いて見え、絵画の画面上の趣です。
この赤い花瓶はニューヨーク旅行で仕入れてきたもので、思い出で深い花瓶です。


◇家の中の不要な物を整理し廃棄しています。結構な肉体労働です。まだまだたくさんありますので、身体に注意しながら少しずつ進めています。
その間に次期作品のサイズと、エスキースを試みていきます。
テーマは今年の作品と同じにして、新しい形体と色彩により、開拓創造に挑戦して行きたい


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2018
06.03

ダリア

Category: 日常
img593 (465x640)

   ダリア

ダリアが咲き始めました。

毎年花壇に6月上旬ごろから咲き始めます。
カットフラワーダリア えくぼと言う白と赤の中輪二色咲きです。
ダリアが咲き始めると花壇が豪華に見えます
★11月に開花する皇帝ダリアは今、ぐんぐんと幹や枝を伸ばしてもう私の背丈を越えています。


今は梅雨入り前の晴天が続きで、真夏のような暑さですが、間もなく鬱陶しい梅雨が待っています。


ここ数日は天井裏の片づけ、垣根の剪定に時間を費やしています。庭の物置小屋にも旧作がかなりありますので、整理しなくては、7月から制作に入りたいので、それまでに身辺整理をして、新しい環境を作り、新しい絵画制作に取り組みたい。


現実と非現実の超現実の狭間で造形する喜びや苦しみが常に肉体化している人生なので、そこから離れる時間が多いと不安定な心情が現われてくる。




●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい
Comment:0  Trackback:0