2017
10.27

Category: 日常
img525 (465x640)



ご近所の方から沢山のとりたての柿をいただきました。
てかてかして新鮮だからとてもみずみずしくて美味しい柿です


柿は中国や日本など東アジアが原産で、ヨーロッパやアメリカでは〖Kaki〗と書くようです。


文部省唱歌〖思い出〗の♪ かきに赤い花さく いつかのあの家♪ のかきは垣根の垣のようです。
長い間柿に赤い花咲く、柿の木に赤い花のような実がなるという歌詞だと思っていました


果物は大好物で、最近はリンゴも美味しくなってきました。
この辺の農家には大きな柿の木があり、真っ赤な実がたわわになっていて秋のとても美しい風景です。


きのう、きようと秋晴れの清々しい日でしたが明日からはまたまた台風の影響で雨のようです。


地域の園芸店からスミレの苗を沢山仕入れてきました。
色彩が可憐です。  プランターに植え門からのアプローチや外壁を飾りました。



●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。


Comment:0  Trackback:0
2017
10.20

横浜海岸教会

Category: 日常
img523 (640x465)


日本キリスト教会 横浜海岸教会


10月19日(木)所属している主都福音キリスト教会シニア日帰りバスツアーで、日本最初のプロテスタント教会横浜海岸教会を見学してきました。
大雨と10月にしては低温の中でしたが、27名とても有意義で楽しいバスツアーでした。

横浜海岸教会は1872年にアメリカの宣教師によりその基が作られて、
現在の会堂は1933年に建立され、2015年に82年ぶりに大改修されたものです。


内部の様子はクラシック風の雰囲気の中に由緒ある装飾が施されていて、ゆったりと落ち着いた感じで歴史の重みと現在も礼拝を奉げている近代的な雰囲気の両面の統一感がある素晴らしい教会堂です


その後中華街で昼食したり買い物をしてきましたが、この大雨の中沢山の観光客で混雑していたのには驚きました。



雨続きです。気温の急激な変化で対応が難しいです。
台風も接近しています。
22日の投票日の天候が心配ですね。




●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
10.13

創生 下絵 カインとアベル

Category: 日常
img522 (465x640)

創生  下絵  原寸大
3部作 右側

カインとアベル

旧約聖書創世記4章に書かれている主なる神によりエデンの園から追放されたアダムとイブの子供たちの物語。

兄カインは土を耕す者、弟アベルは羊を飼う者となった。

時を経て、主に捧げ物をする時にアベルは羊の群れの中から肥えた初子を奉げたが、カインは土の実りを奉げた。
主はアペルの奉げ物には目をとめたが、カインの奉げ物には目を留めなかった。
カインは激しく怒り、アペルを殺してしまった。
人類史上最初の殺人。しかも弟を殺してしまう大きな罪に支配された。

創生と題して等身大の下絵を終わらせましたが、題名を変更しようと考えています。
天地創造から人間誕生。そして人間の原罪・堕落・回復のテーマを3部作の画面に造形化する。
絵画と言う平面作品、しかも色と形で壮大なテーマを表現する困難と喜びを与えられています。

間もなくキャンバスに,本絵に入りますので、創作活動の過程の中で内容と題名が一致できると考えています。




天候が不順です。この地域では10月は一年で最も過ごし易い気候のはずですが、今年は急に寒暖の差が激しくてなり、昨日までは夏のようでしたが、今は小雨で肌寒い感じです。
衆議院議員の選挙運動が始まりました。何となくキツネとタヌキの化かし合いのように思えてしまうのですが・・・。


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
10.06

ノアと箱舟

Category: 日常
img521 (465x640)

創生下絵 原寸大
3部作 左側

ノアと箱舟
この場面は旧約聖書創世記6章のノアの物語です。
神は神の前に堕落した人々を亡ぼすために、神に従う無垢な人ノアに命じて
箱舟を作らせて、その中に動物、鳥などすべての生き物を乗せてから、大雨洪水を起こして箱舟に乗っていないものを亡した物語です。

中央画面がアダムとイブでその左側の画面です。縦120㎝×横75㎝大。

ノアが鳩を彼らのもとから放して、洪水が引いたかどうか確かめた。鳩はオリーブの葉をくわえて戻ってきたので、水が引いた事を確認した場面です。


右側のアベルとカインの画面で3点一組になります。
3度塗りを施した。キャンバスが間もなく乾燥しますので、下絵から写して描き始めます。

急に寒くなってきましたので、薄いセーターを着ています。アトリエのガスファンヒターの点検に来てもらい不具合を直しました。
早いですね。もう冬支度です。

ノーベル文学賞、村上春樹でなくて、イシグロカズオさんでした。どうしてかな?


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0