2017
02.23

91回国展作品

Category: 日常
天国と地獄

 〔天国と地獄

91回国画会展の出品作品、本日図録作成委員会に提出する書類(出品票と配置説明図)が出来ました。

説明図にはサイズを細かく記入し、図録に載せる配置図も間違えなく作らなければなりません。
毎年この時期になりますとせわしない気分になりまが、作品完成まで後一ケ月かかります。

6点に分けて制作していますが、それを3点の組み作品にします。1点描き、全体に配置して様子を見てから2点目、3点目と進んで行きます。小さな形体と色彩のムーブマンにより、画面全体の大きな流れになって行かなければならない。
2月中に上塗りを決めて、乾燥を待ってから、おつゆ塗りを重ねて仕上げて行く。


天国と地獄に関しての文章は聖書の黙示録に書かれていますが、それを造形化する冒険をしたわけですが、造形的には上方に天国、下方に地獄を人間の形を通して表現しました。単純に上が天国、下が地獄でその中間帯もあります。

まだあと一か月ありますので、霊的に高められて、その感性を信じて画面と格闘して行きたい。
主が支えて下さっている事を確信して格闘して行きたい




●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.17

富士と競技場

Category: 日常
img456 (640x465)

 富士と競技場

新横浜のホテルから見た富士と野外多目的競技場です。日産スタジアムです。
町田から横浜線で新横浜に向かい、小机駅を過ぎる頃左側に巨大なスタジアムが現われる。
一度は中に入ってみたいと思っています。


きょうは春のような陽気で、春一番が吹いています。
立春を過ぎてから春分までの間に毎秒8メートル以上の南風の事を春一番といい。突風が伴うので注意が必要らしい。

我が家の前は畑ですので、砂埃りが舞い、後始末が結構大変ですが、春一番と言う名は、春が名のみでない証拠のようで、
何となく嬉しい気分になります。


〔天国と地獄〕の絵画ですが、2月末日までに、写真・サイズ・題名等の出品票と展示説明図を郵送しなければならないので、
懸命に頑張らないと!完成は三月末日です


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。

Comment:0  Trackback:0
2017
02.10

梅便り

Category: 日常
img454 (640x465)

梅便り
満開です。
しらうめとゆき


今が見ごろです。この地の白梅が満開です。
はくばいともしらうめとも読むらしい。

きょうは、とても寒く雪が舞っています。
しらうめとゆきの絵です。

朝は光が明るく強く射し込んで、もうすぐ春の風情でしたが・・。
午後になって一転暗くなり、雪がたくさん風に舞っています。


大作について思う事。

色と形に張りを持たせる、

何度も何度も絵具を重ねて深みを出し、新しい色彩を創る。
形がその新しい色彩にマッチして、隣の色や形と共存すると張りが出て、画面が緊張する。
〔天国と地獄〕の制作過程ではこのことを大切にしている。

制作過程が楽しみになったらしめたもの!この作品は成功する。

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。


Comment:0  Trackback:0
2017
02.03

クリスマスローズ

Category: 日常
クリスマスローズ

クリスマスローズ

庭のクリスマスローズが少しずつ開花してきました

何故?クリスマスの頃に咲かないのに、クリスマスローズと言うのか?
原産地のヨーロッパではクリスマスの頃に咲くそうです。

この地では1月~3月頃次々と開花します。
原種はニゲルと言います。

今頃の庭は花が少ないですが、少しずつ地面の中から顔を出す草花がとても可愛いです。
月に入ってから、光りの輝きが強くなって明るくなり、春近しの装いです。


大作の〔天国と地獄]に集中して取り組まないといけない。
大画面の中での色彩の配置によって、下絵の人物の動きが変化してしまい、ポーズをやり直さないといけないので、
時間が予定の数倍かかってします。頑張らないと

アメリカの大統領が新しくなってから色々と騒々しくなっています。日本そして、世界は今後どのようになるのか。

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるにはこのページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top