2016
01.30

窓辺(卓上静物)

Category: 日常
窓辺(卓上静物)

窓辺(卓上静物)

「卓上静物」を描くのも楽しいです。庭のパンジーを二輪とレモンをモチーフにして、窓辺の卓上静物画を試みました。

昨日の夜から今朝にかけて、かなりの積雪の天気予報でしたが、外れてホットしています。本当に良かったです。
雪かきの労働はきついですから・
・。

新年を迎えたと思いましたら、間もなく2月です。
「ヨハネの黙示録」は2月いっぱいで形体と色彩の下塗りを終えて、3月からはグレース(絵具を薄くといてからの、おつゆ描きの重ね)で仕上げて行きます。
予定通りに行かないのは毎度の事ですが、腰の筋が無理をすると痛むので、ゆっつたりとして進めて行きたい。

でも、後一か月で春ですね!春を待つ気持ちはとても、とても嬉しいです。

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.21

サイネリア

Category: 日常
サイネリア
サイネリア

妻が千代ヶ丘園芸からサイネリアの鉢植えを買って来て、居間の出窓に置いたら・・パーッと輝いて春が来ました

キク科のこの花は12月~5月が見どころのようです。耐寒性は5℃以上で冬越しも可能だから当分は楽しめます。

今年は暖冬と喜んでいましたら・・、急に寒くなって、月曜日にはかなりの積雪でした。
去年しなかった、雪かきを懸命にしました。お隣のご夫婦に助けられて頑張ったら後で身体のあちこちが痛み出しました。

我が家からバス停に行くまでの道のりで、雪かきをしていない家の前の道路はコチコチに凍って、歩行困難状態です。
我が家も後何年雪かきができるかなぁ?
負けたらアカン!負けたらアカン

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。

Comment:0  Trackback:0
2016
01.16

光富士

Category: 日常
赤富士


新年の富士山3回目です。

今年は暖冬のために富士の頂上付近も積雪は少な目のようです。
光が差し込んで、赤く燃えているような形と色彩は荘厳で美しいです。

富士山は他の山々からかけ離れて、裾野が長く圧倒的に聳えているから・・なおさらこの形が素晴らしく映る。


このところ暗いニュースが多いです。軽井沢の国道18号線でスキーバスが転落して多くの若い命が犠牲になった。
何故なんだ!!本当に痛ましい事件です。
観光バスの事故が繰り返されるのは防げないのか!

富士山の雄大さに感動していますが、スキーバスの事故には強い怒りを覚えます!

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.08

夕刻の富士

Category: 日常
夕刻の富士
夕刻の富士

新年の富士 二回目です。
夕刻5時過ぎ頃の富士山も深淵で素晴らしい形体です

誰にでも描ける単純な形をしていますが、これが空や雲の動きによって様々な様相を現してくれます

絵画に描かれているこの形は無数にありますが、描く人の心情も無数にあるようです。


寒さが苦手で、暮れから正月は暖かくて随分と楽をしましたが、きょうは普通の冬の寒さに戻ったようです。
後2ケ月もすると春の訪れです。そして今制作中の「ヨハネの黙示録」を完成しなければ・・。

いつもの制作過程タイムと比べると随分と遅いので頑張らないと!!

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2016
01.01

新春

Category: 日常
新年

新年明けましておめでとうございます。

美しい上からの光が差し込んで、爽やかな朝を迎えています。少し冷たい空気が吹いています

2016年1月1日

この年が平和でありますように切にお祈り致します。

富士山を描いて新年の出発です。

これからニューイヤー・コンサートに出かけます。溜池山王にあるサントリーホール大ホールへ
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団で主に歌曲を視聴します。新年に相応しい曲目がたくさんです。

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top