2015
06.29

サクランボ

Category: 日常
サクランボ
サクランボ

山形産のピッカピカのサクランボを頂きました。パンパンでブリブリでした。赤い宝石のような形です。
果物は大好物です。


つるりんとした舌触りで甘味がにじみ出てきます。


可愛らしい顔で光を反射させて、絵に描くのがとても楽しみな雰囲気がお気に入りです


季節、季節で様々な草花や美味しい果物が周りを取り囲んで、乾杯ですね!!
感謝・感謝の日々です。

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にある>NEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2015
06.22

ベコニア

Category: 日常
ベコニア

ベコニア

門の前の樽をベコニアに入れ替えました。
ベコニアは種類が豊富です。ベコニア・センパフローレンスで、ピンク色とカーマイン色と白色の三色を植えました。

門の前ですから・・・、家に入って行く時に一番始めに会う花です。これから梅雨時にじめじめした感じにならないように、華やかにそして落ち着きのある花を選びました。

小さな空間ですが、庭は様々な色彩や形の草花で満ち溢れています。
一番きれいに見えるのは早朝です。


やはり土と木々と草花は、どんなときにも「生きる喜び」を与えてくれます。


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2015
06.17

愛猫バるちゃん

Category: 日常
バルちゃん
愛猫バるちゃん

16歳です!一日18時間ぐらい寝ています。トイレと食事とおやつの時間と甘えにくる時以外は寝ています
アメリカンショートヘアーの血統書付きです。

この子は生まれてから8年間知人の家で育てられましたが、飼い主が病になり、我が家にやってきました。
まだ青年の威風堂々とした猫でした。今は高齢者です。

少し前までは毎朝リードを付けないで近くの空き地を散歩するのが楽しみでしたし、草を食べるのが趣味でしたし、散歩の帰りは自分でまっすぐに門をくぐって、玄関のドアーの前まで来て、開けるのを待っていました。が、ここ2週間ぐらいは散歩をしようとしません。
湿度の高い気候で猫も身体がダルイのかも。

でも芸は2つしますし、会話もできます、鳴き声のトーンで意志を表現します。とても賢い猫です。

完全に我が家の家
族です。

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。

Comment:0  Trackback:0
2015
06.12

テッポウユリ

Category: 日常
テッポユリ

テッポウユリ


雨季に入り、天候不順になりました

湿気は身体にこたえます。晴れ間に庭に出て、花たちに挨拶をすると勇気がわきます。

緑が濃くなってきた木々の葉の前
で、テッポユリの純白さが際立ちます。
雨季には白い色が際立ちますね。

強いオレンジ色や柔らかなピンク色は燦々と輝く光には際立ちますが・・。

テッポウユリははじけるような勢いで外側に深呼吸をしています。


絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。



Comment:0  Trackback:0
2015
06.09

ラディシュ

Category: 日常
img276 (640x465)
ラディッシュ

清里高原に別荘がある方から新鮮なラディッシュを頂きました。
西洋品種の大根の一種らしい(二十日大根)。

超新鮮な野菜を生でかぶりつく美味は感動的です!水水カブカブですね!

口の中から身体全体に幸せ感がいっぱいに広がります。

葉っぱも塩を振りかけて、サクサクです。幸せだなーー!
虫食いの跡が何とも言えない生の新鮮さ!

絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2015
06.04

スカシユリ

Category: 日常
スカシユリ
スカシユ

ミヤマスカシユリヤマスカシユリヒメユリかはっきりしませんが、梅雨を前にして、かなり強いオレンジ色が華やかです。

九州、中国、近畿地方は梅雨に入ったようですが・・・、
関東地方の梅雨入りはいつ頃になるのでしょうか。きょうは、湿気が低いですので、温度が高くても過ごし易いです。

庭の薔薇はそろそろ終えて、ユリの季節に入りました。

ここの地の最寄駅名は百合丘、新百合ヶ丘と言いますので、百合の花が美し咲くからでしょうか。
百合の咲く丘って何となくロマンチックな駅名ですね


絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top