2018
05.25

ポピー(ひなげし)の群生

Category: 日常
ポピー(ひなげし)の群生

ポピーの群生

教会のシニア日帰りバスツアーで平塚市にある神奈川県立〖花菜ガーデン〗に行ってきました。

行く前に想像していた以上に広大な敷地で、たくさんの種類の薔薇やアジサイ・クレマチス・サルビア・ポピー・睡蓮などが
春の陽射しに輝いていました
野生種やその交配種の薔薇が自然に溶け込むように配置されていて感動的でした。

一番興味を持ったのは、ポピーでした。少し盛りを過ぎた感じで、ポピーの花壇やお花畑というよりは、自然の中に自然に咲いている感じがとても印象的で良かったです。
風雨に荒らされても元気いっぱいに咲き誇り、見事な風情の群生でした。

ポピー(ひなげし)は日本では麻薬の原料になるものをケシ、ならないものをポピーと呼び区別しているようです。
国展本展が終わり、どっと疲れが出た時に美しい花に囲まれて豊かな時間を過ごす事ができました。
お世話して下さった方々に感謝致します。



★大相撲夏場所
関脇栃ノ心が快進撃を続けて、昨日は横綱白鵬をまっとうな四つ相撲で破り、大関昇進を決めましたが、今日の取り組みではまっとうな四つ相撲では無く、気が抜けたか、まわしを取らずに押してしまい、正代にはたかれてしまった。
明日は横綱鶴竜ですが、まっとうな四つ相撲で戦ってほしい。



●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2018
05.20

花瓶の薔薇

Category: 日常
img588 (465x640)

 花瓶の薔薇

真っ盛りの 頃から薔薇がたくさん家の中の花瓶に移され、家じゅうが薔薇盛りになって華やかになりました。
妻が毎早朝に花と語り、花瓶に移しています。

真っ盛りが、間もなく終わりに近づき大活躍の庭のメインが次の紫陽花に引き継ぎます。
最近の5月は真夏のような気温になり、薔薇の終わりも早いようです。


★教会のシニアグループの日帰りバスツアーで神奈川県立 花と緑のふれあいセンター〖花菜ガーデン〗に薔薇やクレマチスを観にゆきます。
5月24日の木曜日ですから薔薇の盛りが過ぎてしまっているかも。
でも広大の敷地に沢山の種類があるようですからとても楽しみにしています。
定員28名で、大人気で、随分前から締切りになり、キャンセル待ちの方々が多くいます。
〖昼食の寿司ランチセット〗も楽しみです。


大相撲夏場所が始まり、今場所は栃ノ心の大関挑戦が話題になっています。
とにかく一生懸命さが好感です。筋肉隆々の身体で全力で取り組む迫力が魅力です。




●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
2018
05.09

第92回国展5室

Category: 日常
img587 (640x465)

第92回国展5室


5月2日から新国立美術館で始まった国展もゴールデンウイークの盛りを終え後4日あまりとなりました。
作品〖罪、堕落・希望〗は今年も5室を与えられて、多くの方々の高評を受けました。
とても感謝しています



今年は審査期間直前にアトリエの掃除をしていましたら、突然腰を痛めてしまい、美術館に通うのがとても大変でした。
今は大分回復して、少しずつ作業をしています。
また暑かったり、今日のように寒かったりで、天候の不順も体調に影響しています。



来年作品のサイズを少しずつイメージトレーニングをしています。
多くの会員の方々の作品のサイズも参考にと撮影しています。
図録が届きましたので、他の方々のサイズを参考にしています。

制作する最初のエスキースが決まれば、サイズはそれに合わせることが出来ます。

明日もう一度美術館に行き、研究してきます。




●写真の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。



Comment:0  Trackback:0
2018
04.30

赤い薔薇と白い薔薇

Category: 日常
img586 (465x640)

赤い薔薇と白い薔薇

赤い薔薇はジャルダン・ドゥ・フランス(ながのROSE)。白い薔薇はダイアナローズ

我が庭には、バレリーナ、イングリットバーグマン、ユアーズインコンティニューフレンドシップ、スノーコーン、ザ・ジェネラス・ガーデナー、ハークネスロイヤルローズなどの薔薇の木が17本あります。

間もなくそれらが満開になり、素晴らしい競演を繰り広げて、春を謳歌します。
生きている幸せを個人的に楽める黄金の季節です。




第92回国展が5月2日~5月14日まで国立新美術館で開催されます。
私の作品〖罪、堕落・希望〗が展示されます。
会員に推挙されてから47回目を迎えますのでとても感動的です。
体力的には衰えを感じ、諸準備のために混雑する交通機関を利用したのは、とても勇気がいりました。

2日が初日とオープニングパーティです。地方から上京された多くの古い友人に会え歓談できる幸せを楽しみにしています。
初入選から7年目で難関の国画会会員に推挙され、その時の感動が今も繋がっています。
亡くなられている方も多くいらして、また本人や連れ合いが病のため、上京できない方々もいらして、寂しい思いにも陥りますが、

次々若い方々が素晴らしい作品を出品されて、新しい表現様式により活気に満ちている会場や、新人との交流も楽しいひと時になります。

最終日まで体力をコントロールして、美術館通いを楽しみたい!

●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい
Comment:0  Trackback:0
2018
04.20

麦とスナックエンドウ

Category: 日常
img583 (640x465)

麦とスナックエンドウ

我が家の前は地元の農家の畑です。
春になり地面が乾くと吹く風で土砂が舞い上がりますが、
このところの雨ですっかり湿った土から麦と豆が生きよい良く伸びて、爽やか感じになりました。
作物は規則正しい作業の積み重ねと気候の具合によって、良い収穫に結び着くの事を改めて強く感じました。



第92回国展の審査が4月24日~始まり、様々な準備を経て、5月2日にオープニングを迎えます。
それぞれの作家の作品も農作業さながらの労苦を経て、そして様々な展覧準備を経て美術館の壁面に並びます。

私の絵画は旧約聖書創世記の場面を3つに分けて描き、それを一つの大きなストーリーした3部作です。
展覧会終了後は毎年、大きな教会やミッションスクールに展示収蔵されてとても感謝しています。
今年も懇意にしていただいている牧師様が良い場所を検討して下さっています。

主のご栄光を表す事が出来ますように。

多くの方々が作品を搬入して、審査に臨みます。北海道から沖縄までの多くの人々が希望を抱いて、審査や受賞に臨みます。
出来る限り、体力の続く限り監査室に入ろうと思っています。




●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top