2018
10.12

この上ない愛の示し

Category: 日常
img651 (640x507)

題名【この上ない愛の示し】
第77回国展作品!00号F
今から15年前の作品です。


この作品をずっと大切にしてアトリエに保管していましたが・
・、

とても素晴らしい恵みが与えられて、奈良県生駒市の日本同盟基督教団生駒めぐみ教会に展示収蔵される事になりました

毎年のように国展作品を様々なミッションスクールや教会に展示収蔵の仲介をして下さっています牧師様が10月6日に来宅下さり、

お話の中で【弟子の足を洗う場面の絵画】をほしい教会があるので、そのような作品があるかと問われました。
驚きました。これは正しく主からの恵みと、アトリエの大作の中から選出できました。
完全な一致でした


自分でも妻も、とても気に入った作品で、私が召された年の国画会展に遺作候補作品
として使うために残していたものでした。

このような事が現実に起きた事が、暫く信じられませんでした。
その後じわじわと歓喜が全身に響き渡りました。


新約聖書【ヨハネによる福音書13章1節~11節】
イエスキリストが十字架に掛けられる受難日の前日、最後の晩餐の時に全ての弟子の足を洗う場面です。
イエスがこの世から父の元へ移る時が来たことを悟り、世に居る弟子達を愛して、全ての弟子達の足を洗い
【この上なく愛し抜かれた場面】です。




●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい

Comment:0  Trackback:0
2018
10.01

シュウメイギク

Category: 日常
img649 (640x444)

 シュウメイギク

庭の花の中で優雅で、秋の風情を強く感じる花です。
それほど目立つ花ではありませんが、花の少ない今時に庭の片隅に爽やかに咲き誇っています。

なんとなく勲章の形に見えますが。

台風24号がこの地を襲いました。
夜中の1時半から2時半頃まで、暴雨風が強烈に荒らしまくりました。
雨戸に強く当たる音に続いて、暴風そのもののうねり音を初めて聞きました。

多分生まれて初めて聞きました

地鳴りのような音でした。
限りなく黒に近い灰色の風そのものが、ゴーと言う低音で不気味に何回も吹いていました。
こんな経験は初めてです。恐怖心に襲われました。


庭の皇帝ダイリアは根元から倒れてしまい、半分以下の姿になって風雨の強さを物語っています。


25号も発生している模様で、沖縄から日本列島を縦断して行く経路を何故辿るのでしようか?

異常気候の今年は秋が短いように思われますが、落ち着いた秋の風情がほしい。




●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい
Comment:0  Trackback:0
2018
09.24

窓辺

Category: 日常
img648 (445x640)

 窓辺

小品の為のエスキース
窓の中に十数年前にスペインに写生旅行に行った後にスケッチを元にして描いた作品を配置してエスキースを試みました。
風景と静物を組み合わせた楽しい小品を大作の合間に描こうと色々試しています。
このスペインの風景画は妻のお気に入りで、今我が家のリビングに飾ってあります。


大作は今は描画用の木炭とネリゴムで下描きを正確に何度もやり直して、創っています。
色彩に入るまえに、形体をあらかじめ正確に決めておかないと画面が汚れてしまう。

この小品は楽しくに描いていけそうな気がします



大相撲はきのう千秋楽でした。稀勢の里は10勝5敗で辛くも引退をまぬかれてようです。
それにしても白鵬の気力には感服しかないですね。


腰の痛みが今回は長引いています。
未だに完治しないで、様々に身体を動かす仕事の妨げになっています。
気持ちは元気ですし、直立姿勢ですと痛みが無くて楽ですが・・。
もうしばらく様子を見ます。




 ●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい

Comment:0  Trackback:0
2018
09.17

ナデシコ

Category: 日常
img646 (640x445)

 ナデシコ

撫子・秋の七草の一つで可憐な花が美しい。
庭のナデシコはテントウムシに似た虫が食べてしまうので、毎日その虫取りをしなければならない。
が、寒い時期を越えると、根元ががっちりとした逞しく優しい花に成長して楽しませてくれる。

サッカーの日本女子チームの愛称が【なでしこジャパン】です。
日本女性の昔の呼称が大和撫子だったからと思われますが・・。

大相撲が中日ですが、期待の復活なるかの稀勢の里は残念ながら今場所で引退せざるを得ないと思います。
一か月前は水泳の女子高校生がアジア大会で大活躍でしたが、今の【時の人】はテニスの大坂なおみさんですね。

スポーツ界は指導者のパワハラオンパレードですが・・、選手は大活躍ですね。



一週間前に今年2度目の【腰痛】に襲われて、散々な目にあいました。

治す為の一番は休養ですので、絵画制作も出来ずで、随分と遅れてしまいました。
2週間ぐらいで完治したかに見えて、【喉元過ぎれば熱さを忘れる】で、無理な姿勢で絵画制作や庭の仕事をしてしまう。
歳相応に常に気を付けて行動しないといけない。
遅れてしまった制作をきょうから懸命に腰に注意しながら始めています。


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい
Comment:0  Trackback:0
2018
09.08

庭に来る昆虫

Category: 日常
img645 (640x445)
 
 庭に来る昆虫

我が庭に集う昆虫類は蝉が多く、カマキリやトンボ、そして小さな蝶も集いますが、この図のような蝶は珍しいです。
名前はわかりません。
この夏の猛暑の影響で蚊の発生が少なくて、猛暑の得を一つ得てはいます。


この夏の・猛暑・酷暑災害から九州、、四国、中部、近畿地方の豪雨災害・台風災害・そして北海道の地震災害と日本列島は災害列島の様子になって恐怖心が出てきます。

地震の被害では送電が不可になり、電気がなければ全く生活できない事をあらためて強く認識しました


大きな災害を我がことのように身近に感じて、遭遇した時の準備をしなければいけない!



今度の作品はキャンバスに直接描画用の木炭で構図を描いています

人物をの動きを全面に大きく出す構図を選んでいますので、人物の動きを途中で変化する事がないように、細部まで注意深く決めていきたい。
その後、木炭の線をフィキサチーフで定着させてから、ファンデーションホワイトで線以外の場所を厚く塗り固めていく。
そのために、多くの時間をかけて制作していきたい


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい
Comment:0  Trackback:0
2018
08.31

庭の花摘む

Category: 日常
img644 (446x640)

庭の花摘み

庭のマリーゴルド・トレニア・ペチニア・ケイトウ・アンゲロニアを朝早くに妻が摘んで、出窓に何気なく飾っています。
花の色彩や形にほっとした気持ちになります。
それが静かな幸せ感にもなります。



漫画家のさくらももこさんが53歳で亡くなられました。
代表作の【ちびまる子ちゃん】のアニメーションを毎週日曜日の午後6時~から20数年間見ていました。
高齢者が見てもほのぼのとした可笑しさと哀愁が感じられて、この騒がしい時代にただ楽しく過ごせる貴重な時間です。
多分作家さんが亡くなられても、放映は続くと思いますが・・・。


アジア大会の男子400メートルリレーをきのう21時過ぎにテレビのライブで観ました。
オリンピックの時もライブで観て、感動しましたが、きのうもさらに感動的でした。
山県・多田・桐生・ケンブリッジの4人が見事なバトンタッチでアット言う間に駆け抜けて、2位に大きく差をつけてゴールした。


後2年でオリンピック・パラリンピックですが、またまた日本体操協会でもめ事が、膿が出始めています。
スポーツ界の上下関係の不祥事が次々に出てきます。
これを機会に清い流れの水で洗われる事を切望するしかないようです


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、コノページ
Comment:0  Trackback:0
2018
08.27

残暑お見舞い。

Category: 日常
img643 (640x459)


残暑お見舞い 
高原静物画


少しずつ面白い静物画の構図を大作の合間に試みています。
冷房の効いたアトリエですが、用事で一歩外に出ると熱風が襲う。サウナに入った時のような感じですが、気分的にはまるで違う。

兎に角暑い、残暑お見舞いの秋近しの風情では全くない。酷暑真っただ中で疲労度が大きい。



インターネットでこの異常気象の原因を調べると、
千年猛暑と
気象予報士の森田正光氏が唱えています。千年前より今の夏は間違えなく暑い,有史以来、人間が棲み始めてから一番暑い
時期を生きている。

原因は海水温の上昇、地表付近の空気が暖かい。そして地球温暖化で二酸化炭素の排出が原因で、19世紀と比べると40%も上昇している。
排出量の多いい国は中国とアメリカで、二酸化炭素を減らす世界的な取り組みから、自国の経済を優先してアメリカは離脱しています。

人類の将来は巨大国の指導者の思惑通りにならないように祈るばかりです。


アジア大会水泳競技で日本の女子高校生18歳が大活躍していました。
スポーツの世界では指導者の驚くばかりの悪質行意が目立ちましたが、選手の活躍はやはりスポーツマン精神に溢れています。



●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい

Comment:0  Trackback:0
2018
08.18

お隣の収穫物

Category: 日常
img639 (640x465)

葡萄【お隣の収穫物】

今朝は秋風が吹いて、久ぶりに涼しい朝が訪れました。
長い間猛暑が続いて、ただ耐え忍ぶ生活でしたが、一息入れて、日中身体を動かす仕事ができました。


お隣は二階のベランダが葡萄畑です。毎年今頃から野趣のある実を御馳走になります。
色も形も野の果物のようで、奥行きが感じられます。



日本は一年中美味しい果物がスーパーマーケットに並んでいますが、やはり季節に相応しい果物の味は格別です。



★甲子園の高校野球は熱戦中ですが、作品【罪、堕落・希望】の展示収蔵品として、受け入れて下さった、福岡県代表のミッションスクール折尾愛真学園短期大学の高校は初出場でしたが、一回戦で残念ですが、日大三高に敗れ、終わりました。

一回負けたら終わりになる仕組みだから、全国優勝するには、実力+何かが左右するのでは・・。



★最近テレビのニュースを見てびっくりしたのは

日本ボクシング協会の元終身会長とそして、,山口県の2歳児が行方不明になったのを探したスーパーボランティアの方です。
共に78歳。本当に対照的なお爺さんです。何となく身近にもいそうな雰囲気の方ですが、明と暗です。
とてもとてもびっくりしました。



●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい
Comment:0  Trackback:0
2018
08.11

ハチイチの自画像Ⅱ

Category: 日常
img612 (465x640)


ハチイチの自画像Ⅱ 日傘の自画像


8月1日で81歳になり、8月4日に妻が誕生日祝いに男性用日傘をプレゼントしてくれました。


酷暑の連続日で、バス停まで行く道のりは、全く日蔭がなくて、艱難辛苦、灼熱地獄のごとき有様です。
この日傘効果は、遮光率99.99%・UV率90%で、晴雨兼用になっています。
6日の礼拝日にはじめて使いましたが、日陰を歩いているようで、快適でした。


2つの台風が通過してまたまた酷暑の始まりです。
何という異常気象でしょうか。



今年の国展作品〘罪、堕落・希望〗が大分の美術に造詣の深い牧師様のご尽力で、
福岡のミッションスクール折尾愛真学園短期大学の礼拝堂に展示、収蔵が決まり、
現在運搬方法について業者さんが打合せの最中です。良い結果になりますようにお祈りしています。

多くの方々のご尽力で作品が素晴らしい所に収蔵される大きな恵みが与えられています。




来年発表の大作も既にキャンバスが用意されて、描画用の木炭を使い、キャンバスに直接当たりをとっています。
テーマは今年と同じ、創世記の3題ですが、構図と色彩は一変しています。
冷房の効いたアトリエで大きなキャンバスに立ち向かう力、恵みが与えられて、とても感謝の毎日です。


●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい
Comment:0  Trackback:0
2018
08.05

ハチイチの自画像

Category: 日常
img611 (640x465)

ハチイチ自画像

猛暑・酷暑 毎日毎日35℃を越えで、熱波の渦が押し寄せて、その渦中にいます。
8月1日で81歳の誕生日を迎えましたが、日本の夏の景色が分からなくなってしまっています。
ただやたらに暑いだけ!

この暑さは世界的な現象で地球温暖化と関係があるとの情報です。
ならば人類が自ら招いた人災ですね。



台風13号が首都圏接近の恐れとの天気予報です。
大変です。どうすれば良いのか?

こんな異常気候の東京で、2年後にオリンピック開催とは疑問符3重です。




こんな異常気候の中、甲子園ではきょう第100回記念全国高校野球が開幕して、松井秀喜が始球式です。
1992年夏の大会で星陵高校4番打者松井秀喜は対明徳義塾戦で5打席連続敬遠され、一度もバットを振る事が出来ず、
2対3で敗退する。これも記念すべき甲子園の想いです。


満員の観客はこの猛暑の中体調管理は大丈夫なのか?



●絵の上をクリックしますと拡大します。過去のブログをご覧下さるには、このページの最後にあるNEXTをクリックして下さい
Comment:0  Trackback:0
back-to-top